着物を着こなす

さまざまな着物レンタルの種類とその季節

さまざまな着物レンタルの種類とその季節

さまざまな着物レンタルの種類とその季節 日本の装いは洋装文化が定着しています。戦後アメリカやフランスなどから洋服が日本に流入し、洋装文化が定着したのです。そのため呉服文化はすっかり影を潜めてしまいました。
しかし日本の民族衣装は紛れもなく着物です。これは世界に誇る事の出来る民族衣装であり、廃らせるわけにはいきません。
しかし身につける人が少なくなったことにより、ニーズも少なく高価で贅沢品としての位置づけになってしまいました。
そこで誰もが簡単に身につけることができるものではなくなってしまいました。そこでお勧めしたいのがレンタルを利用することです。
レンタルと一言に言ってもその種類は多岐にわたります。
婚礼用の大振り袖や白無垢、成人式の振り袖、卒業式の袴や謝恩会用、パーティー用の色留袖や訪問着など様々な着物があります。
また季節に合わせて、夏は絽や紗の着物、冬はウールのものやコートにショールまで取り揃えられています。そのため季節を問わずに年中利用することができます。
また最近はアンティークのレトロ着物が若い人に人気であり、モダンでオシャレで華やかな若い人が好む素敵な呉服も貸し出しています。
すぐに着つけられるように長襦袢や帯、バッグなどセットで貸し出してくれます。

マナーを守ったレンタル着物の着用を行いましょう

マナーを守ったレンタル着物の着用を行いましょう 卒業式や成人式で、着物をレンタルする方は多いです。自分の好きな着物を着ることができるのがメリットですが、あくまで借りものです。
着用するにあたって、マナーは守らなければなりません。例えば、何か食べるときは着物を汚さないことです。気を付けていても、食べ歩きしている方にぶつかって、汚してしまう場合もあるかもしれません。
大人数での参加になると、人と接触することが多いため汚さないように気を付けなければなりません。
雨の日も注意が必要です。土が泥になるので、そこを歩くと下駄やブーツに泥がついてしまいます。なるべくコンクリートを歩いたり、屋根のある道を歩くことをお勧めします。
また、しわくちゃになった状態で返却するのもマナー違反です。式の参加になると立ったり、座ったりすることが多いです。ご友人との交流もあるでしょう。
着崩れの恐れがありますので、普段着を着用しているときと同じような振る舞いは控えましょう。
一度着崩れしてしまうと、直すのに大変です。適当に直して、しわになるはずのない部分がしわになることもあります。
着物をレンタルするということは、お借りするということです。借りたものは汚さず綺麗に返却することがマナーです。
しかし、もし汚してしまった場合もあるかと思います。その時は、お店の方に汚してしまったことをしっかり謝りましょう。

着物に関する情報リンク

豊富な種類を用意する着物のレンタル会社のサイト

京都 着物 レンタル


Copyright © 着物を着こなす all rights reserved.