着物を着こなす

小紋、つむぎで着物を楽しむ

レンタル着物で場面に合わせて装いを新たに

レンタル着物で場面に合わせて装いを新たに 自分で着物を購入して保管しようとすると様々な知識が必要になって大変ですが、着付けも含めたレンタルを利用するなら多くの手間を省くことが出来ます。
それ以外にも一般的に多くの人が洋装を選ぶ中で、日本古来の装いをあえて選ぶメリットも大きく、参加者全員が似たような服装になりやすい結婚式などのい便でも装いがかぶりにくい魅力もあります。
ではどのような場面に合わせればいいかというと、基本的におめでたい場に似合うのが着物です。
例えば結婚式に親族して参加する場面では、既婚者なら留袖を選べば問題ありませんし、結婚していない人なら振袖も似合います。親族ではない場合は留袖や振袖でなく、小袖や振袖よりもカジュアルな装いになる小振袖などを選ぶ方法もあるでしょう。
またカジュアル小袖という種類なら平服扱いとなるため、気の知れた人達が集まるうちわのパーティーなどにも着ていける着物となっています。
着物と言うと種類が多くない印象がありますが、実際は場面に合わせて数多くの模様や種類から選択する事が可能なのです。

小紋、つむぎで着物を気軽に楽しむ

小紋、つむぎで着物を気軽に楽しむ 着物には多くの種類があります。着物に興味がない方も、留袖、喪服位は分かるでしょう。
それに、華やかなイメージの振袖、訪問着は、女性なら一度は着る機会がある筈です。
着物にも、留袖や色留袖のような正装と普段着があります。全体に模様がある小紋は、格式ばった所へは着ていけません。あくまで普段着なのです。
友人とお買い物に行ったり、ちょっとしたお呼ばれには大丈夫です。
紬は染めた糸を織って作ります。幾何学的な模様が多く、特に大島紬は有名です。職人さんが丹精込めて作り上げていくので、高価な物も珍しくありません。
残念なことに、どんなに高価であっても正装としての格はないのです。けれど、無地の紬に紋を入れると格が上がって正装になります。
初めて着物を着るなら、小紋がお勧めです。可愛い色柄が多いので、若い娘さんにはピッタリです。
たまには、和装で出掛けてみるのもいいでしょう。タンスの肥やしでは勿体無いですし可愛そうです。


Copyright © 着物を着こなす all rights reserved.