着物を着こなす

親子二代で着る着物

日本人にとって特別な着物の魅力

日本人にとって特別な着物の魅力 日本人のアイデンティティの中には、着物をはじめとする和服は特別なものだという印象があります。
現在では結婚式やパーティー会場で着用するという限られた機会に登場するものであるため、より一層着物が特別な内容となっています。
色鮮やかな内容を着こなすことができれば、大人としての魅力をふんだんにアピールすることにつながり、誉れ高い着こなしは世界的に評価されています。
ファッションセンスが問われるアパレル業界でも着物で使用されたデザインを採用した中身が出ているため、和の落ち着きをどういったかたちで表現するかが大切となります。
日本らしさをアピールしていくには、着物を上手に着用することが大事であるため、日常生活の中で賢く着こなすテクニックを体現する部分が必要です。
特別な時期に見かけることを確認して、凛とした女性でいられるよう、日頃からマナーを学習していくような状態が不可欠です。
魅力を世界へ発信することが大切です。

正装としての役割に特化してしまった着物の現状

正装としての役割に特化してしまった着物の現状 日本人の多くが現代ではスーツで仕事をし、パンツルックやワンピースでお出かけしたり家事をこなすようになっています。
こうした洋服は腕や足の可動域が大きく構成されているので、現代の日本人のライフスタイルに非常にマッチしている装いと言えます。
しかし戦前まで日本は和装文化が主流でした。
封建的な時代であり、女性を家に縛っておく必要もあることから活動しにくい着物が女性の日常着として用いられたとする説もあります。
そのため女性の社会進出が進んだ現代では着物を身に着ける人はほとんどおらず、着物を身に着けるのは冠婚葬祭や成人式などの正装が必要な時だけになってしまいました。
まさに和装は正装の役割に特化した装いになってしまったのです。
しかし最近では冠婚葬祭以外に花火大会や夏祭りで浴衣を身に着ける若者も多くなってきました。
浴衣で和装の魅力を実感し、もっと和装をしてみたいと考えレンタル店に通う人もわずかながらも現れる様になってきました。


Copyright © 着物を着こなす all rights reserved.